特許費用 仕訳とは?

弁理士に特許出願を依頼する際にはその費用が適切なものかを判断しいといけません。 - 特許申請をしていく順序

特許費用について

新製品の特許を取る勇気新製品の特許を取る

特許出願無料相談センター特許出願無料相談センター

特許商標なら馬場国際特許事特許商標なら馬場国際特許事

サイト管理者情報

■社名
独立法人 特許申請サエマ
■代表者名
須磨 雄吾 スマ ユウゴ
■所在地
〒919-1313
福井県三方上中郡若狭町
■設立
昭和63年11月
■資本金
1.150万円
■ホームページ
www.whitefishrealestate.net/

更新情報

特許申請をしていく順序

特許権を得るには出願、審査が必要になるので、まずは特許庁へ申請する事になります。

特許申請の順序出願する際には約1万6000円、審査の場合には約20万円が必要になるのですが、これらの特許費用は高いように思われてしまうのですが、特許登録した後の儲けを思えば安いものでしょう。

出願する際には非常に複雑な書類を作成していかなければいけないのですが、自分で仕上げるにはとても困難な作業になります。

この作業には時間と労力をかける事になるので、仕上げる自信があれば自分でする事をおすすめします。

けれども書類に不十分があれば出願時でも却下されてしまうので、自信がない場合でしたら特許費用【海特許事務所】へ依頼する事も可能です。

依頼する時にはその発明についての細かい説明をする事にはなりますが、書類の作成は全て任せる事が出来ますし、プロが仕上げてくれるので不十分な為却下されるという事はまずないと思っていいと思います。
特許を得た発明が世界へ旅立つ日
発明した特許で利益を作ろう

依頼すれは特許費用は高くなってしまうのですが、安全を買うというような感覚でいいと思います。

特許登録出来た際には特許料を支払う事になります。

こちらは3年ごとに支払うという事になっているのですが、まず1回目は約1万円を支払う事になり、4年目、7年目、10年目と支払う事になるのです。

このような流れで特許権を得るという事になります。
特許を得る為に自分で調査する

特許申請を依頼した場合の細かい価格

特許申請の際、依頼をして出願から審査まで任せる事が出来るのですが、その場合でかかる特許費用は幾らくらいになるのでしょうか?

特許申請の価格まずは特許出願にかかる基本手数料が発生する為、約18万円かかります。
そこから特許請求の範囲関して請求項数が5つである場合は約4万円かかります。

そこから明細書を作成していくにあたり、7560円かかり、願書、特許請求の範囲、明細書、要約書にかける手数料になります。

次に図面の作成にかかるのですが、この場合でも手数料として5250円かかり、特許出願料は一律して1万5000円になります。

このように手数料が各書類ごとの作成でかかってきます。

しかしここで終わりではなく、次は審査というステップに進みます。

この際では出願審査請求にあたる手数料として約1万円必要になり、審査請求料というものは約13万円必要になります。

全て依頼する事が出来れば安心して申請出来るという事ですので却下の確率も少なくなるので特許費用は高くなったとしても安心して申請する事が出来たのでいいと思います。依頼するなら特許費用【海特許事務所】へまずは相談からしてみてください。

しかし更に特許が認定されればそこで成功謝金が発生して、約8万円支払う事になります。

このように特許申請を依頼した場合には特許費用は大きくなるという事です。

Copyright(C)2014特許費用 仕訳とは?All Rights Reserved.